© 2018 Laboratory X, Inc.

2005年秋、小泉劇場まっただなか。東京で気ままに切手コイン商を営む「山さん」こと山内和彦(40歳)は、ひょんなことから自民党に白羽の矢を立てられ、市議会議員の補欠選挙に出馬することになった。政治家の秘書経験もない山さんは、いわば政治の素人。しかも選挙区は、ほとんど縁もゆかりもない川崎市宮前区。いわゆる落下傘候補だ。「電柱にもおじぎせよ!」を合い言葉に、小泉首相や自民党大物議員、地元自民党応援団総出の、世にも過酷な「どぶ板選挙」がはじまった。果たして、山さんは勝てるのか?そして、選挙戦を通じて浮き彫りになる「ニッポン民主主義」の本質とは? 

"ベルリン映画祭の一大センセーション" 
"日本人のメンタリティーについての荘厳なる序説"
  - Andreas Platthaus  独「Frankfurter Allgemeine Zeitung」紙

"魅惑的な主人公を描いたカリカチュア" 
  - Thomas Sotinel  仏「ルモンド」紙

 

『選挙』 (Campaign)

想田和弘 観察映画第1弾『選挙』

Observational Film #1

2007, 120 minutes, Documentary

米国ピーボディ賞受賞 

ベオグラード国際映画祭グランプリ受賞

ベルリン国際映画祭正式招待