© 2018 Laboratory X, Inc.

舞台は、2011年4月の川崎市議会選挙。震災で実施が危ぶまれた、あの統一地方選挙だ。映画『選挙』(07年)では自民党の落下傘候補だった「山さん」こと山内和彦が、完全無所属で出馬した。スローガンは「脱原発」。自粛ムードと原発「安全」報道の中、候補者たちは原発問題を積極的に取り上げようとしない。小さな息子のいる山さんはその状況に怒りを感じ、急遽、立候補を決意したのだ。かつて小泉自民党の組織力と徹底的なドブ板戦で初当選した山さん。しかし、今度は違う。組織なし、カネなし、看板なし。準備もなし。選挙カーや事務所を使わず、タスキや握手も封印する豹変ぶりだ。ないないづくしの山さんに、果たして勝ち目は?

山さん、ストライクス・バック!!!
いまだかつて、こんな「政治ドキュメンタリー」が、そしてこんな「反原発映画」があっただろうか?と同時に、これは一種の「活劇映画」でもある。
このヒーローならざるヒーローの、破天荒で孤独で悲喜こもごもの戦いを、われわれ観客は固唾を呑んで見守ることになる。
ー 佐々木敦(批評家)

『選挙2』 (Campaign 2)

想田和弘 観察映画第5弾『選挙2』

Observational Film #5

2013, 149 minutes, Documentary

シネマ・デゥ・レエル映画祭

MoMAドキュメンタリー・フォートナイトなど正式招待